てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

ゆとりライフ 雑談のようなお話

『ワーケーション』は会社員よりもフリーランス向けの働き方だと感じる理由

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、
働き方を見直す動きが日本国内でも加速しています。

特に2020年からはリモートワークに着手し始めた企業も多く、
zoomなどによるweb会議も急速に発展していますよね。

それに加えて『ワーケーション』という言葉も
メディアで取り上げられる機会が増えてきたように感じます。

しかしこの『ワーケーション』は会社員ではまだまだ浸透しづらいもので、
現状ではむしろフリーランス向けの考え方なのかなと思っています。

ワーケーションとは?リモートワークとどう違う?

ワーケーションとはWork(仕事)とVacation(休暇)を組み合わせた造語で、
観光地や帰省先などの休暇先で働きながら休みを取るような働き方をいいます。

在宅勤務やレンタルオフィスで仕事をするような「リモートワーク」とは違い、
本来は仕事をする場ではない旅先で、旅行気分を味わいながら
仕事も進めるという「新しい日常」というイメージですね。

コロナ禍での通勤ラッシュ等の緩和のため、
リモートワークと同様に推奨されている働き方のひとつという位置づけです。

働く場所や環境に縛られない自由な働き方を実現できるという意味では、
とても魅力的な考えのように感じますよね。

しかし実際の企業に当てはめて考えたときに、
まだまだ実現には課題がたくさんあるように感じます。

ワーケーション導入のための課題は多い?

ワーケーションの実施にクエスチョンマークがつくのは、
実施する側の企業に関し、以下のような課題があるからでしょう。

  • そもそもリモートワークやワーケーションに適さない業種あり
  • 会社の評価制度自体を見直す必要性
  • 社員のワーケーション先の勤怠管理の実施

日本国内の企業の多くは、残業手当のように労働時間が給与に与える影響が大きく、
リモートワークやワーケーションを導入する場合には、
評価制度自体を変えるか遠隔地でも勤怠管理を実施する必要があります。

しかし勤怠管理を行う場合には、
ワーケーションは業務時間とプライベートの時間が密接に入り混じるでしょうから、
なかなか正確な管理は難しいように感じます。

そもそも従業員は『ワーケーション』を望んでいるのか

そして最も大きな疑問は、そもそも従業員側が望む制度なのでしょうか。

一見「仕事しながら旅行気分も味わえるなんて最高!」と思いますが、
「オンとオフを明確に切り分けたい」という考えを持っている方も多く、
仕事と休暇の境界線がボヤけてしまうことを望まない場合も多いのではないかと感じます。

またリモートワークやワーケーションのような、
「職場じゃなくてもいつでも仕事ができてしまう環境」が整備されていくと、
従業員への心理的なプレッシャーも増していくことも懸念されます。

結局家に持ち帰ったり、休暇先でも仕事ができてしまうと、
本当の意味で休む時間が失われてしまう気がするのは私だけではないはず。

長年かけて蓄積された日本の労働文化があるからこそ、
ワーケーションの浸透は一筋縄ではいかないような気がしています。

オンオフの切り分けがないフリーランスにとっては理想な働き方?

一方であまりオンオフを切り分けず、
仕事とプライベートがごちゃまぜの生活を送りがちなフリーランスには
とても良い働き方ではないかと思っています。

例えば私の場合には、会社員時代は土日は一切仕事のことを考えたくなかったタイプですが、
独立してからはノートパソコンさえあればどこでも仕事ができるため、
平日も土日祝も関係なく、公私の境目のない生活を送っています。

私のようにどこでも仕事ができてしまうタイプのフリーランスであれば、
旅先でも公私混同どんとこいの生活を存分に堪能できるのではないでしょうか?

お金もかかるでしょうから頻繁にワーケーションを実現するのは難しいかもしれませんが、
ときどきは職場環境をガラッと変えて、ワーケーションを楽しむのもアリかなと思います。

そんなこんなで、『ワーケーション』という働き方は、
少なくとも現状では会社員というよりはフリーランスの方が向いているような気がします。

最後に

今回はワーケーションについてお話ししました。

現在はまだまだコロナ禍の真っ只中なので自由度は制限されますが、
収束したらこのような働き方も実現できれば良いなと思います。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

ブログ論

2021/5/13

【ご報告】ブログを不定期更新へ変更することにしました!!

ご無沙汰しております。 前回のブログ更新から1ヶ月以上が経過してしまいました。 完全な事後報告となりますが、当ブログを「不定期更新」に変更することにしました。 今回はその経緯についてお話ししたいと思います。

ReadMore

雑談のようなお話

2021/4/6

【ゆとりの告白】いまだに「先生」と呼ばれると、背中がむずがゆくなってしまう

突然ですが、私は「先生」と呼ばれることに慣れていません。 顧問先からも「先生」と呼ばれることがあるのですが、何だかそう呼ばれるたびに気恥ずかしい気分になってしまうのです。 「先生」と呼ばれることにも慣れていかないといけないなーと思う反面、普通に「さん付け」で話してもらえる関係性の方が向いてるのかなとも思っています。 今回は税理士の呼び方について、雑談のようなテーマでお話をしたいと思います。

ReadMore

税理士のお仕事

2021/4/6

自分の知らなかった世界を理解するのは、やっぱり楽しいものだ

先日、お仕事で新たな経験をさせて頂く機会がありました。 なかなか経験のない仕事だと手探りの状態で大変だし、慣れ親しんだ業務に比べて精神的な疲れも溜まりやすいですが、その仕組みを理解できるととても楽しく感じます。 やっぱり時々は新しいことに挑戦することが大切なんだなと実感した瞬間でもありました。 そこで今回は、税理士として新しいことを覚える楽しさについてお話ししたいと思います。

ReadMore

ブログ論

2021/4/3

【ゆとりのブログ論】わたしが素敵なブロガー、YouTuberだと感じる方々の共通点

現代においては情報発信のツールも「ブログ」や「SNS」、「YouTube」など非常に多岐に渡っています。 最近では「Clubhouse」という”音声版SNS”と呼ばれるサービスも人気を集めていますね。 これらの情報発信ツールも、使用目的によって向き不向きがあるのでしょうか、公私問わず、私自身が魅力を感じる発信者にはひとつの特徴があることに気がつきました。 私自身もそのような情報発信者になりたいという想いも込めて、今回はその特徴について掘り下げてみたいと思います。

ReadMore

事務所運営

2021/4/2

【消費税 総額表示義務化】弊所ホームページの編集がギリギリ間に合いました!!

春のセンバツ高校野球の決勝戦は劇的な幕切れだったようですね! コロナ禍の影響で甲子園は1年ぶりの開催となりましたが、甲子園やプロ野球など、やはりスポーツを観ていると元気をもらえます。 そんな中、以前別記事でもご紹介したとおり、4月1日から消費税総額表示が義務化されました。 各業界で対応に追われたことかと思いますが、私自身も事務所のホームページ改定が何とかギリギリ間に合いました。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれのゆとり税理士/中小企業診断士です。 こちらのブログでは、私自身の事務所経営や日々の生活で感じたことを自由気ままに綴っていきます。

-ゆとりライフ, 雑談のようなお話

error: Content is protected !!

Copyright© せんブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.