てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

事務所運営

新年明けましておめでとうございます。2021年の目標を4つ立ててみました。

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始はゆっくり過ごせましたでしょうか?

今年の年明けは新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、
例年とは違った静かな年始となった方も少なくないのではないでしょうか?

私自身は年明け早々に出版予定のムック本第2弾の監修や、
他社からのブログ記事執筆の仕事が大詰めを迎えていたこともあり、

大晦日も元旦も休日返上でお仕事をしていました…。
(終日という訳ではありませんが。)

さて新年を迎えたということで、2021年の目標を考えてみます。

目標➀:自分の強みや事務所の方向性を確立する

まず1つ目は、私自身の強みを明確にし、

「どのような税理士事務所としていきたいのか」という方向性を
決めていく1年にしていきたいなと思っています。

現状でも顧問契約や執筆のお仕事を頂けているのですが、
税理士業界で生き抜くための特徴や個性という面では全然足りないと感じています。

そのため今後も長年にわたって税理士として働くために、
自分自身の色をしっかりと定めていく年にしていければと考えています。

目標②:「中小企業診断士資格」を活かした業務を受注する

現状でも税理士業務は日々こなしているのですが、
その一方で中小企業診断士資格を活かした業務はまだまだ行えていません。

このまま税理士業務だけ行うこともできるのですが、
せっかく勉強して取得した診断士資格を活かせないのは何とも勿体ないですよね。

税理士資格とも相性は良いものですし、
診断士としての知識を深めればお客様の満足度も高めていけることは確実なので、

➀の目標も兼ねて、診断士資格の活かし方をしっかりと検討していきたいと思っています。

目標③:税理士事務所とは別に、法人を設立する

これについては2020年の目標として書いたことがあるのですが、
法人を作って会社経営をしてみたいと考えています。

【開業して半年】先月の振り返りと今月の目標は?

続きを見る

個人事業主と違って法人ではやれることの幅も広がりますし、
会社運営の大変さを肌で感じてみたいという想いもあります。

確定申告の繁忙期が終わるまではなかなか動き出せないかもしれませんが、
時期を見て取り組んでいきたいと思っています。

場合によっては新規設立ではなく、休眠会社を買い取るような形にするかもしれません。

目標④:売上計画を立てる

ここで言う売上計画とは、

「年間売上1,000万円!」というような漠然とした数字目標を立てるだけではなく、
以下のような手順を想定しています。

  1. 満足できる売上や利益の額はいくらなのか考える
  2. そのためには顧問契約やスポット業務がどの程度必要なのか逆算する
  3. その件数が現実的にクリア可能なのか検証する
    (難しいのであれば、たとえば客単価がどれくらい増やせれば可能なのか考える)
  4. もし客単価を引き上げるのであれば、その手段を考える
    (ノウハウの習得、サービスの向上など)

売上は睡眠時間やプライベートを削ればどこまでも増やすことが可能です。

売上という金額をトコトン追求するとキリがないと私は考えているので、

生活をする上で本当に必要な売上(あるいは利益)を設定し、
それを達成するための条件を逆算する方法を採っていきたいと思っています。

この売上計画は早めに立てることに意味があると思っていますので、
1月中に作り上げていきたいなと考えています。

最後に

今回は年明け最初の投稿ということで、
せっかくなので1年の目標を立ててみました。

あまりたくさん立てすぎると楽しめなくなってしまうと思うので、
今回は欲張らずに4つに限定しています。

目標達成に向けて、前向きに取り組んでいきたいと思います。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

わたしのお話 勉強術

2021/1/14

仕事や勉強に対して、どこまでストイックに取り組むべきか

先日インターネットの記事で、東大王に出演されている鈴木光さんの記事がありました。 朝日新聞デジタル『スマホにさよなら、受験に集中 「東大王」鈴木光さん』 記事では鈴木光さんが東大受験の際にスマートフォンを解約してまで勉強に専念するなど、非常にストイックな一面が伺えます。 最難関大学に挑戦するにはそれくらいの決意がないといけないのかもしれませんが、私自身はそこまで自分を追い込んで勉強はできなかったなあと感じます。 今回は仕事や勉強に対し、自分自身をどこまで追い込むべきかについて考えてみます。

ReadMore

わたしのお話 雑談のようなお話

2021/1/14

繁忙期に入って、デジタルデトックスの必要性を実感した話

突然ですが、デジタルデトックスという言葉はご存知でしょうか? デジタルデトックスとは、IT機器に囲まれた現代社会において、スマートフォンやパソコンから距離を置いて生活することで、ストレスや疲労から自分自身を解放するための取組みをいいます。 最近ではデジタルデトックスの一環として、キャンプにハマる人も多いようですね。 私自身は以前からデジタルデトックスという言葉は知っていたのですが、最近は色々な意味でその必要性を感じ始めています。

ReadMore

独立開業、副業のイロハ 税理士のお仕事

2021/1/12

【MF、freee】クラウド会計の価値を最大限に引き出すなら、「クラウド仕様の経営」にシフトすべき

以前のブログでは、 クラウド会計と従来のパッケージ型の会計ソフトのどちらが好ましいのかについて、両者の違いを比較しながら考えてみました。 おそらく年齢の若い経営者ほど、クラウドサービスへの関心も高い傾向にあるのではないかと思いますが、 「マネーフォワード」や「freee」のようなクラウド会計の価値を最大限に引き出すためには、自分からクラウド会計向きの経営スタイルに歩み寄ることも必要だと思います。 今回は「クラウド会計を効果的に利用するための方法」ついてお話ししたいと思います。

ReadMore

事務所運営 独立開業、副業のイロハ 税理士のお仕事

2021/1/11

わたしが「開業直後に人を雇わなくて正解だった」と感じる3つの理由

現在、私は誰も雇うことなく”ひとり税理士”として活動しています。 「開業直後なら当たり前では?」と思われるかもしれませんが、士業では開業して間もない段階でパートさんを雇うケースも少なくありません。 税理士や他の士業に限らないことだとは思いますが、業務を行う上での雑務も多く、かつ会計データの入力や決算、確定申告手続きを職員にお願いすることも珍しくないのです。 しかし私自身は開業当初から雇用しなかったことは正解だったと実感しています。 今回は開業直後に第三者を雇用しないことによるメリットを考えてみました。

ReadMore

事務所運営 ブログ論

2021/1/9

ムック本第2弾の監修が完了。しかしホッと一息も束の間、すぐに第3弾が…。

以前のブログでは、私が監修したムック本の出版をご報告しました。 そしてこのたび第2弾のムック本監修が無事終わりました。 今回のムック本は、40代以降の方に向けた年金制度や相続対策に焦点を当てた内容となっています。 現時点ではまだ発売はされていませんが、せっかくなので今回は監修作業について振り返ってみたいと思います。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
服部 大

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれの税理士兼中小企業診断士です。 争いごとが苦手な、のんびり平和主義者です。 税務や補助金に関するトピックはもちろんのこと、ひとり税理士としての事務所経営の試行錯誤についても赤裸々に語っていきます!

-事務所運営
-, , ,

Copyright© せんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.