てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

事務所運営 税理士のお仕事

税理士が抱える顧問契約のジレンマ。件数が増えればサービスの質は低下し、リスクは上がる。

税理士業務の根幹にあるものとして、「顧問契約」の存在が挙げられます。

顧問先の存在があるからこそ税理士事務所は安定的な収入を確保することにも繋がり、
従来型の事務所では、顧問先からの売上が全体のほぼ100%を占める例も少なくありません。

かし顧問件数が増えることにより事務所の基盤が安定する一方で、
いくつかのデメリットがあることも事実だと思います。

今回は税理士業務の裏側として、”顧問契約のジレンマ”についてお話ししたいと思います。

ジレンマその1:件数が増えるほどサービスの質が低下する

まず大前提として、税理士業務はモノを扱う業務だけなく、
税理士が自身の知識やノウハウを提供することで顧客満足を獲得することとなります。

必ずしも「時間を掛けるほど良いサービスが提供できる」というものではありませんが、

顧問件数が増えるにつれ、1件あたりに掛けられる工数は確実に減少することとなり、
サービスの質を維持することが難しくなっていきます。

そうすると元々のサービス内容であれば満足できていた顧問先も、

だんだんと品質の低下を感じる機会が増えていき、
結果的に顧問契約解消や値下げ要求にも繋がる可能性があるでしょう。

このような流れに陥っても、業務効率化によって工数を削減できれば良いのでしょうが、

それが難しければパートさんや外注に依頼したり、
薄利多売のビジネスモデルに転換することも検討しなければならないかもしれません。

ジレンマその2:件数が増えるほどリスクも増える

「ジレンマその1」とも関連することではありますが、
顧問件数が増えることによって税理士としてのリスクも増加していきます。

税理士は独占業務を有する国家資格である以上、
専門家として数々のリスクを抱えることとなります。

(税理士専用の賠償責任保険もあるくらいです。)

顧問契約が増え、1件あたりの工数が減るにつれて
ミスや漏れが発生する可能性も次第に高まっていくでしょうから、

顧問税理士としてのリスクもどんどんと増していくことになります。

職員数は十分にいたとしても、

職員の習熟度が低かったり、上司がほとんど不在にしていて機能していない等、
組織としての危険度が高い事務所も少なくないのではないかと思います。

したがって事務所のキャパシティを超えた顧問件数を抱えることは、

品質低下による顧客流出リスクだけでなく、
賠償責任を負うなどの法的なリスクも高まることを意味するのです。

(これは税理士業務に限ったことではありませんけどね。)

自分のキャパがわからないうちは、顧問件数は慎重に増やすべき

それでは「最適の顧問件数は何件か?」と聞かれても、正直言って私にもわかりません。

事務所ごと、税理士ごとのサービス内容や業務の進め方にもよるものでしょうから、
一括りにすることは難しいものだと思います。

私自身についてはまだまだ顧問契約を増やす余力はあると思いますが、
かといってあと10件も増やせるほどのキャパは残っていないと感じています。

税理士の場合には紹介会社を活用したり、
自ら広告を売ったりすることによって顧問契約を獲得することは可能です。

しかしいたずらに顧問件数を増やしまくったとしても、
それを回せるだけの土台を用意できていなければ意味がありません。

したがって自分自身のキャパシティを完全に掴めていない状況においては、

一気に件数を増やすことよりも、少しずつ自分の状況を確かめながら
顧問件数を拡大していくことが理想かなと個人的には思っています。

最後に

今回は”顧問契約のジレンマ”についてお話ししました。

税理士業務の基盤であるからこそ、慎重に慎重を重ね、
顧問先のお客様にご満足頂けるような仕事を続けなければいけませんし、

そのための環境は自分自身で用意していく必要があります。

この辺りも日々勉強ですね。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

わたしのお話 勉強術

2021/1/14

仕事や勉強に対して、どこまでストイックに取り組むべきか

先日インターネットの記事で、東大王に出演されている鈴木光さんの記事がありました。 朝日新聞デジタル『スマホにさよなら、受験に集中 「東大王」鈴木光さん』 記事では鈴木光さんが東大受験の際にスマートフォンを解約してまで勉強に専念するなど、非常にストイックな一面が伺えます。 最難関大学に挑戦するにはそれくらいの決意がないといけないのかもしれませんが、私自身はそこまで自分を追い込んで勉強はできなかったなあと感じます。 今回は仕事や勉強に対し、自分自身をどこまで追い込むべきかについて考えてみます。

ReadMore

わたしのお話 雑談のようなお話

2021/1/14

繁忙期に入って、デジタルデトックスの必要性を実感した話

突然ですが、デジタルデトックスという言葉はご存知でしょうか? デジタルデトックスとは、IT機器に囲まれた現代社会において、スマートフォンやパソコンから距離を置いて生活することで、ストレスや疲労から自分自身を解放するための取組みをいいます。 最近ではデジタルデトックスの一環として、キャンプにハマる人も多いようですね。 私自身は以前からデジタルデトックスという言葉は知っていたのですが、最近は色々な意味でその必要性を感じ始めています。

ReadMore

独立開業、副業のイロハ 税理士のお仕事

2021/1/12

【MF、freee】クラウド会計の価値を最大限に引き出すなら、「クラウド仕様の経営」にシフトすべき

以前のブログでは、 クラウド会計と従来のパッケージ型の会計ソフトのどちらが好ましいのかについて、両者の違いを比較しながら考えてみました。 おそらく年齢の若い経営者ほど、クラウドサービスへの関心も高い傾向にあるのではないかと思いますが、 「マネーフォワード」や「freee」のようなクラウド会計の価値を最大限に引き出すためには、自分からクラウド会計向きの経営スタイルに歩み寄ることも必要だと思います。 今回は「クラウド会計を効果的に利用するための方法」ついてお話ししたいと思います。

ReadMore

事務所運営 独立開業、副業のイロハ 税理士のお仕事

2021/1/11

わたしが「開業直後に人を雇わなくて正解だった」と感じる3つの理由

現在、私は誰も雇うことなく”ひとり税理士”として活動しています。 「開業直後なら当たり前では?」と思われるかもしれませんが、士業では開業して間もない段階でパートさんを雇うケースも少なくありません。 税理士や他の士業に限らないことだとは思いますが、業務を行う上での雑務も多く、かつ会計データの入力や決算、確定申告手続きを職員にお願いすることも珍しくないのです。 しかし私自身は開業当初から雇用しなかったことは正解だったと実感しています。 今回は開業直後に第三者を雇用しないことによるメリットを考えてみました。

ReadMore

事務所運営 ブログ論

2021/1/9

ムック本第2弾の監修が完了。しかしホッと一息も束の間、すぐに第3弾が…。

以前のブログでは、私が監修したムック本の出版をご報告しました。 そしてこのたび第2弾のムック本監修が無事終わりました。 今回のムック本は、40代以降の方に向けた年金制度や相続対策に焦点を当てた内容となっています。 現時点ではまだ発売はされていませんが、せっかくなので今回は監修作業について振り返ってみたいと思います。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
服部 大

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれの税理士兼中小企業診断士です。 争いごとが苦手な、のんびり平和主義者です。 税務や補助金に関するトピックはもちろんのこと、ひとり税理士としての事務所経営の試行錯誤についても赤裸々に語っていきます!

-事務所運営, 税理士のお仕事
-, , ,

Copyright© せんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.