てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

税金のお話

【令和2年度税制改正】基礎控除改正により、フリーランスや個人事業主の大半が減税へ!

令和2年度から適用される税制改正のうち、
所得税に関連するものがいくつか存在することはご存知でしょうか?

結論から申しますと、

  • 給与所得者や年金所得者でない
  • 合計所得が2,400万円以下である
  • 青色申告者(65万円控除)の場合、電子申告で申告書を提出している

これらの要件を満たす場合には、
フリーランスや個人事業主については令和2年度分の所得税から減税となります。

今回は上記のような方々が減税となる理由について解説していきます。

基礎控除額の改正がポイント!

以前掲載した以下のブログでも所得税の改正に関する内容の解説をしておりますが、
今回は改めて、改正によって減税になるケースについてお話ししたいと思います。

令和2年度から所得税が大きく変わる!

続きを見る

令和2年度から基礎控除額に所得制限が適用される

タイトルにもある通り、令和2年度の所得税計算から基礎控除額に改正が入ります。

改正前と改正後の基礎控除額についてまとめたものが下表となります。

上表からもわかる通り、

ココがポイント

これまで一律38万円であった基礎控除額が
令和2年度からは所得金額によって段階的に変動することとなります。

しかし上表をよく見ると、

合計所得金額が2,400万円以下の場合の基礎控除額は48万円であり、
改正前の38万円よりも10万円アップすることとなるのです。

個人で『合計所得金額が2,400万円以上』となるケースは極めて稀

先ほど確認したように、
合計所得金額が2,400万円未満であれば基礎控除額が10万円増える一方で、
2,400万円を超える場合には基礎控除額が減少し増税となるのですが、

個人の場合にはこの基準を超えることはほとんどないでしょう。

所得金額とは収入金額ではなく諸々の経費を差し引いた”利益”に相当するものであり、
個人事業主でも所得が2,400万円以上となることは滅多にありません。

(仮に個人事業主でそれほど多額の所得金額が発生する事業を営んでいるのであれば、
 節税対策として法人化しているケースがほとんどだと思います。)

したがって一般的には、給与所得のない個人については

基礎控除額が38万円⇒48万円に増額することで減税となる

という認識で問題ないと思います。

サラリーマンは、大半が増税でも減税でもなく”据置き”

ではサラリーマンのような給与所得者は増税なのかというと、そうではありません。

さらに詳しく

ほとんどの給与所得者については増税でも減税でもなく据置きとなり、
一部の年収の大きい給与所得者に限り、増税となります。

今回の税制改正による給与所得者への影響については、
別記事でご紹介させて頂く予定です。

【令和2年度税制改正】給与所得控除減額により、年収850万円超のサラリーマンは増税へ

続きを見る

紙で申告書を提出する場合には減税とはならない

なお以下の記事でもご紹介しましたが、
青色申告を行う個人事業主で、65万円の特別控除を受けている方は1点注意が必要です。

令和2年度から、確定申告書を窓口で提出すると損しますよ(個人事業主向け)

続きを見る

電子申告で確定申告書を提出している場合には従来通り65万円控除を受けられるのですが、

ココに注意

紙で申告書を提出する場合には、
令和2年度より青色申告特別控除額が65万円⇒55万円へ減額されてしまいます。

上述の通り、基礎控除が10万円増えるので、
紙で申告書を提出する場合にはプラスマイナスゼロとなるのですが、

減税効果を受けたいのであれば、今回から紙ではなく電子で申告しましょう。

最後に

今回は令和2年度から適用される所得税の改正内容についてお話ししました。

お伝えした通り、残念ながら給与所得者については減税とはなりませんが、

それ以外の個人事業主やフリーランスは、
基礎控除額の増加によって所得税の額が減少することとなります。

該当する方はぜひ抑えておきましょう。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

雑談のようなお話

2021/4/6

【ゆとりの告白】いまだに「先生」と呼ばれると、背中がむずがゆくなってしまう

突然ですが、私は「先生」と呼ばれることに慣れていません。 顧問先からも「先生」と呼ばれることがあるのですが、何だかそう呼ばれるたびに気恥ずかしい気分になってしまうのです。 「先生」と呼ばれることにも慣れていかないといけないなーと思う反面、普通に「さん付け」で話してもらえる関係性の方が向いてるのかなとも思っています。 今回は税理士の呼び方について、雑談のようなテーマでお話をしたいと思います。

ReadMore

税理士のお仕事

2021/4/6

自分の知らなかった世界を理解するのは、やっぱり楽しいものだ

先日、お仕事で新たな経験をさせて頂く機会がありました。 なかなか経験のない仕事だと手探りの状態で大変だし、慣れ親しんだ業務に比べて精神的な疲れも溜まりやすいですが、その仕組みを理解できるととても楽しく感じます。 やっぱり時々は新しいことに挑戦することが大切なんだなと実感した瞬間でもありました。 そこで今回は、税理士として新しいことを覚える楽しさについてお話ししたいと思います。

ReadMore

ブログ論

2021/4/3

【ゆとりのブログ論】わたしが素敵なブロガー、YouTuberだと感じる方々の共通点

現代においては情報発信のツールも「ブログ」や「SNS」、「YouTube」など非常に多岐に渡っています。 最近では「Clubhouse」という”音声版SNS”と呼ばれるサービスも人気を集めていますね。 これらの情報発信ツールも、使用目的によって向き不向きがあるのでしょうか、公私問わず、私自身が魅力を感じる発信者にはひとつの特徴があることに気がつきました。 私自身もそのような情報発信者になりたいという想いも込めて、今回はその特徴について掘り下げてみたいと思います。

ReadMore

事務所運営

2021/4/2

【消費税 総額表示義務化】弊所ホームページの編集がギリギリ間に合いました!!

春のセンバツ高校野球の決勝戦は劇的な幕切れだったようですね! コロナ禍の影響で甲子園は1年ぶりの開催となりましたが、甲子園やプロ野球など、やはりスポーツを観ていると元気をもらえます。 そんな中、以前別記事でもご紹介したとおり、4月1日から消費税総額表示が義務化されました。 各業界で対応に追われたことかと思いますが、私自身も事務所のホームページ改定が何とかギリギリ間に合いました。

ReadMore

事務所運営

2021/3/29

【ゆとりの経営】開業当初から、”電話対応”を除外してよかったと感じる理由

私が独立開業して1年が過ぎましたが、当初から”電話対応”を原則行わないことを掲げてきました。 勤務時代は電話がひっきりなしに鳴る事務所だったため、『電話NG』の方針とすることは正直不安もありました。 しかし今となっては正しい判断だったと感じています。 今回は、私が原則として電話対応を行わない理由についてお話しします。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
服部 大

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれの税理士兼中小企業診断士です。 争いごとが苦手な、のんびり平和主義者です。 税務や補助金に関するトピックはもちろんのこと、ひとり税理士としての事務所経営の試行錯誤についても赤裸々に語っていきます!

-税金のお話
-, , , , , ,

Copyright© せんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.