てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

独立開業、副業のイロハ 税理士のお仕事

【MF、freee】クラウド会計の価値を最大限に引き出すなら、「クラウド仕様の経営」にシフトすべき

以前のブログでは、

クラウド会計と従来のパッケージ型の会計ソフトのどちらが好ましいのかについて、
両者の違いを比較しながら考えてみました。

【MF、freee】クラウド会計とパッケージ型の会計ソフト、どちらを選ぶべきか

続きを見る

おそらく年齢の若い経営者ほど、
クラウドサービスへの関心も高い傾向にあるのではないかと思いますが、

「マネーフォワード」や「freee」のようなクラウド会計の価値を最大限に引き出すためには、
自分からクラウド会計向きの経営スタイルに歩み寄ることも必要だと思います。

今回は「クラウド会計を効果的に利用するための方法」ついてお話ししたいと思います。

「現金取引はできるだけ削減」が鉄則

クラウド会計をはじめとするクラウドサービスについては、

インターネット環境を利用して
様々な個々のサービスを自動連携させることに最大の魅力があります。

たとえば家計簿アプリを例にしてみても、
インターネットバンキングやクレジットカードの取引履歴を読み取り、
日々の入出金管理を行うことができます。

クラウド会計についても同様であり、ネットバンキングやクレジットカードはもちろん、
経費精算や給与計算、請求システムの情報も会計へ自動連携することができます。

しかし自動連携に長けている一方で、
連携できないものについては従来の会計ソフトと同様、手入力を行う必要があります。

特に現金で支払ったレシートや領収書は自動連携できないため、
これらの取引件数が増えるほど、クラウドサービスの利便性は薄れていってしまうのです。

したがって自動連携というクラウドサービスの強みを最大限発揮するためには、
現金での入金や支払い自体を減らしていくことが重要となります。

”仕事用”と”プライベート用”をきちんと切り分ける

ネットバンキングやクレジットカード情報を連携することは便利なのですが、
使い方を間違えるとかえって非効率となりかねないため、注意が必要です。

特にフリーランスなどの個人事業主の場合には、
仕事とプライベート共用の預金口座やクレジットカードであることも少なくありません。

注意ポイント

そのようなプライベートでの利用が多くなればなるほど、

一旦自動連携によって取り込まれたすべての取引のうち、
プライベート利用分をわざわざ除外する手間が生ずるため、

クラウド会計としての無駄が大きくなってしまうのです。

したがってクラウド会計によって便利さを追求していきたいのであれば、
仕事専用のネットバンキングやクレジットカードを用意することをお勧めします。

また反対に仕事用のものがプライベート用の預金口座から引落しになっている場合にも、
その分だけわざわざ手入力を行う必要が出てきてしまいますので、

その支払いが仕事用かプライベート用かを考え、
必要に応じて引落し口座を変更するなどの対応を行うようにしましょう。

レジや請求システムは、クラウド会計と自動連携できるサービスから選ぶ

クラウド会計でもすべてのサービスと自動連携できるわけではありません。

特にレジシステムや請求システム(販売管理システム)については、
クラウド会計によっても自動連携できるものとそうでないものの差があるため、

導入前には必ずチェックするようにしましょう。

たとえばレジシステムであれば、
「Airレジ」や「スマレジ」などのサービスであれば連携は可能ですが、
マネーフォワードやfreeeの間でも連携が可能なものには違いがあります。

請求システムや販売管理システムについても同様で、
自動連携が可能なものもあれば、CSVで出力できればインポートが可能なものもあります。

(マネーフォワードやfreeeが提供する請求サービスを利用することが最も確実でしょう。)

したがって導入したいサービスがある場合には、
それが他のクラウドサービスとスムーズな連携が可能かどうかもチェックすべきですし、

クラウド会計の利便性を最大限まで引き上げるのであれば、
自動連携が可能なサービスから選ぶ必要があるでしょう。

最後に

今回は「クラウド会計を便利に使うために取り組むべき内容」を3つお伝えしました。

いくら便利と言っても使い方次第では不便なサービスとなりかねませんので、
便利に利用する工夫を講じることも必要となってきます。

ぜひご参考頂ければ幸いです。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

ゆとりライフ 事務所運営

2021/3/2

【ブランディング】今日から私は『ゆとり税理士』を名乗ります!!

私が税理士事務所を開業して1年が経ちましたが、 今日から『ゆとり税理士』を名乗っていきたいと思います。 「ゆとり」って言葉にはあまり良いイメージを持たない方もいるでしょうが、今回は「ゆとり税理士」にたどり着いた経緯について話してみたいと思います。

ReadMore

事務所運営 税理士のお仕事

2021/3/2

常に『節税が最優先』である経営者とのお仕事はやりたくない理由

最初にお伝えしておきますが、今回は少し辛口な記事になるかもしれません。 税金というのは誰もができるだけ避けて通りたいものですよね。 税理士の私もできるだけ税金は払わないようにしたいですし、利益状況によっては節税対策も行っていくつもりです。 (サラリーマン時代からふるさと納税もやってますしね。) しかし世の中には断固として「納税なんてしてやるもんか!」と執念を燃やしている方もいらっしゃいます。 基本的には私はそのような方とのお仕事はお断りさせて頂いているのですが、今回はその理由についてお話ししたいと思います ...

ReadMore

ゆとりライフ 事務所運営

2021/3/1

【スポット案件】なぜか重なる”イレギュラー”の謎

3月に入り、確定申告業務の終わりがようやく見え始める時期なのですが、なぜだかこの時期にスポット案件が重なり、ホッと一息とはいかない予感。 会社員であろうとフリーランスであろうと、なぜかイレギュラーな業務が重なることってありますよね。 あれは一体どんなメカニズムなのでしょうか? 今回はイレギュラーな業務の謎と、それに対処する方法を考えてみます。

ReadMore

税理士のお仕事

2021/2/27

「クラウド会計なら簿記や会計の知識は要らない」は大間違い

マネーフォワードやfreeeののユーザーは非常に増えてきたと感じています。 特に年齢が若い個人事業主やフリーランスの方々がクラウド会計を利用している割合は非常に高く、クラウドサービス自体の発展を実感できる瞬間でもあります。 しかしクラウド会計は便利なサービスである一方、誰でも簡単に、そして正確に会計処理ができるものではありません。 今回は「クラウド会計の在り方」についてお話しします。

ReadMore

税理士のお仕事

2021/2/26

商品のないサービスだからこそ、顧客ニーズを満たすことは簡単ではない

顧客ニーズや顧客満足度という言葉はビジネス用語としてありふれたものですが、実際のところは口で言うほど単純なものではないと感じます。 ニーズは人それぞれで違うものですし、求めるモノの品質や価格についてもバラツキがあるものです。 特に目に見えるような商品ではなくサービスを扱い、さらには提供されるサービス内容が標準化されていない税理士業特有の難しさも存在します。 今回は税理士業務と顧客ニーズ、満足度について考えてみたいと思います。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
服部 大

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれの税理士兼中小企業診断士です。 争いごとが苦手な、のんびり平和主義者です。 税務や補助金に関するトピックはもちろんのこと、ひとり税理士としての事務所経営の試行錯誤についても赤裸々に語っていきます!

-独立開業、副業のイロハ, 税理士のお仕事
-, , ,

Copyright© せんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.