てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

税理士のお仕事

専門家として、お客様から”逆提案”されてしまったら「負け」確定!

私は税理士と中小企業診断士のダブルライセンスとして登録していますが、
専門家の立場として、率先してお客様へ提案することが非常に重要だと思っています。

反対にお客様から「○○って制度があるって聞いたけどウチじゃ使えないのかな?」と
”逆提案”されてしまったときには反省しなければならないと考えています。

今回は先んじて提案できることの価値についてお話ししたいと思います。

受け身ではなく、こちらから積極的に提案することで伝わる「熱意」

こちらから”提案する”という行為は、
その提案が奏功したときだけでなく、仮にボツになってしまった場合でも、
しっかりと練り上げた提案内容であれば意味があるはずです。

なぜなら仕事だろうとプライベートだろうと、
自分のためを思って提案してくれる相手を悪く思う人間はいないからです。
(もちろんテキトーで非現実的なものはさすがにNGですが…。)

私はエスパーではありませんので、
相手の顔を見ただけで的確なご提案ができるなんてことはありませんが、

幸いにも税理士は顧問先の経営者とお話しする機会に恵まれており、
何気ない雑談のような会話の中にもヒントは隠されているのだと思っています。

  • 組織としての課題や問題点(ヒト・モノ・カネなど)
  • 今後取り組みたいこと(新たな挑戦!)
  • 事業承継の問題(ウチの息子はまだまだ半人前でねぇ。)
  • 相続の悩み(まだまだ元気だけどいい歳だし…。)

このような話は経営者ご本人からだけでなく、
周りのご家族や従業員の方からチラッとお聞きすることもあります。

こういったヒントを頂いた際に「へえ、そうなのですね」と聞き流すのではなく、
専門家として活用できそうな補助金制度をご紹介ししたり、
節税を絡めた方法をご提案できればお客様にも喜んでもらいやすくなります。

また何よりも「あ、私の話を聞いて色々考えてくれたんだ」と感じてもらえるため、
お客様にこちらの熱量を伝えることができると思います。

お客様から”逆提案”されてしまったら、専門家としては「負け」だと思う

ヒントをもとにこちらから提案することが理想ですが、
残念ながらお客様の方から”逆提案”されてしまうケースもあります。

完全にノーヒントの状態では難しい場合もありますが、よくよく考えてみると、
「あ、そういえば社長、あんなこと言ってたな(そういうことだったんか!)」
と思い当たる節があることの方が多いような気がします。

もちろんお客様から言われてから動き出したとしても、
最終的にきちんとした回答ができれば一定の評価は得られるのでしょうが、

やはりこちらから能動的にご提案できた場合に比べれば満足度は下がるでしょうし、
何よりお客様に先を越されるのは専門家として非常に悔しいところです。

(私も今まで何度か悔しい想いをしてきました。(笑))

特にコロナ禍では持続化給付金や家賃支援給付金だけでなく、
持続化補助金や事業再構築補助金、雇用調整助成金なども拡充されていますので、

「当てはまらないかな」と思うような場合でもこちらで勝手に判断するのではなく、
お客様に最低限のご紹介はしておくべきかなと思っています。

私が知らないところで社長が考えている計画があるかもしれませんし、
そのような場合に後々「何で言ってくれなかったんだ!」となってしまえば、
お互いにとって残念な結果となってしまいますからね。

ポイント

ただ単に聞かれたことにだけ答えるような”ヤフー知恵袋”税理士ではなく、
「かゆい所に手が届くご提案」ができるよう、知識を増やすだけでなく、
お客様1件1件を深く理解し、各々に合ったご提案ができることが私の理想です。

まとめ

今回はお客様からの逆提案についてお話ししました。

特にお付き合いの長い顧問先ほど、
逆提案されてしまったときのショックは大きいです。(笑)

そのようなことがないように、できる限り高くアンテナを張って、
それぞれのお客様について多面的なご提案を意識したいものです。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

ブログ論

2021/5/13

【ご報告】ブログを不定期更新へ変更することにしました!!

ご無沙汰しております。 前回のブログ更新から1ヶ月以上が経過してしまいました。 完全な事後報告となりますが、当ブログを「不定期更新」に変更することにしました。 今回はその経緯についてお話ししたいと思います。

ReadMore

雑談のようなお話

2021/4/6

【ゆとりの告白】いまだに「先生」と呼ばれると、背中がむずがゆくなってしまう

突然ですが、私は「先生」と呼ばれることに慣れていません。 顧問先からも「先生」と呼ばれることがあるのですが、何だかそう呼ばれるたびに気恥ずかしい気分になってしまうのです。 「先生」と呼ばれることにも慣れていかないといけないなーと思う反面、普通に「さん付け」で話してもらえる関係性の方が向いてるのかなとも思っています。 今回は税理士の呼び方について、雑談のようなテーマでお話をしたいと思います。

ReadMore

税理士のお仕事

2021/4/6

自分の知らなかった世界を理解するのは、やっぱり楽しいものだ

先日、お仕事で新たな経験をさせて頂く機会がありました。 なかなか経験のない仕事だと手探りの状態で大変だし、慣れ親しんだ業務に比べて精神的な疲れも溜まりやすいですが、その仕組みを理解できるととても楽しく感じます。 やっぱり時々は新しいことに挑戦することが大切なんだなと実感した瞬間でもありました。 そこで今回は、税理士として新しいことを覚える楽しさについてお話ししたいと思います。

ReadMore

ブログ論

2021/4/3

【ゆとりのブログ論】わたしが素敵なブロガー、YouTuberだと感じる方々の共通点

現代においては情報発信のツールも「ブログ」や「SNS」、「YouTube」など非常に多岐に渡っています。 最近では「Clubhouse」という”音声版SNS”と呼ばれるサービスも人気を集めていますね。 これらの情報発信ツールも、使用目的によって向き不向きがあるのでしょうか、公私問わず、私自身が魅力を感じる発信者にはひとつの特徴があることに気がつきました。 私自身もそのような情報発信者になりたいという想いも込めて、今回はその特徴について掘り下げてみたいと思います。

ReadMore

事務所運営

2021/4/2

【消費税 総額表示義務化】弊所ホームページの編集がギリギリ間に合いました!!

春のセンバツ高校野球の決勝戦は劇的な幕切れだったようですね! コロナ禍の影響で甲子園は1年ぶりの開催となりましたが、甲子園やプロ野球など、やはりスポーツを観ていると元気をもらえます。 そんな中、以前別記事でもご紹介したとおり、4月1日から消費税総額表示が義務化されました。 各業界で対応に追われたことかと思いますが、私自身も事務所のホームページ改定が何とかギリギリ間に合いました。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれのゆとり税理士/中小企業診断士です。 こちらのブログでは、私自身の事務所経営や日々の生活で感じたことを自由気ままに綴っていきます。

-税理士のお仕事
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© せんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.