てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

勉強術

実務のイメージが湧かないなら、節税スキームと税制改正に着目しよう

税務の勉強をしていると、ふとした瞬間に

これは実務ではどのように使われているんだろう

と思うことがあります。

税法の概念や仕組み、適用要件などはテキストに書いてありますが、
それが実務の世界でどのように登場するのかイメージしづらいことも多いです。

私が税理士試験の勉強を始めたのは社会に出る前の大学生時代だったので、
税法の勉強はもちろん、簿記の知識すらどんな風に役立つのか
全くと言って良いほど想像がつきませんでした。

そんなときに大きな役割を果たしてくれたのが 脱税の本でした。

今回は税務の学習を行う人にとって
過度な節税や脱税のスキームを知ることのメリットをお話ししたいと思います。

生の現場に触れることができる

私が税理士試験の勉強をしていた時は、

はてな

これって実務では大事なことなのかな?
他の税目や制度と絡んでくることはあるんだろうか?

なんてことに疑問を持ちながら勉強をしていました。

そこには

試験勉強と実務は違う

というどこからか聞こえてくる外部からの声によって、

今勉強していることは実務では役に立たないんじゃないか

という疑念が私の中にあったからかもしれません。

そんな時に図書館で『脱税』の本に出会いました。

その本ではいわゆる脱税行為についてだけではなく、
過去に税務訴訟へ発展した節税スキームについても書かれており、
その裁判の行方やその後の税制改正についても書かれていました。

ココがポイント

節税や脱税のスキームを考えるということは、税務に無知では絶対にできません。

税法に対する理解があるからこそ、
条文の「穴」が見えるものなのだと思います。

真似をするとか参考にするとかいう話ではなく、

ポイント

法人税や所得税、消費税、相続税など、
時には複数の税目にまたがって作り出された節税スキームを知るということは、
税法を体系的に理解することにきっと役立つはずです。

善悪の問題はあるとはいえ、

専門的知識を有した人の考えたスキームを知ること自体は、
勉強をしている立場の人間からするとより深い理解への大きな助けになるはずです。

ややこしい特例は過去の節税スキームが原因!?税制改正の歴史を知ることで理解度向上に努めよう

人間が色々なことを暗記する場合、

それぞれをバラバラで暗記するよりも、
エピソードとして関連付けた方がより覚えやすくなります。

先ほどお伝えした通り、
過度な節税や脱税スキームが流行ると、一般的に以下のような流れを取ります。

  1. 既存税法 α が存在
  2. α の穴を使った過度な節税スキーム事例が多発
  3. α の穴をふさぐための α´ が新たに制定される

このようなストーリーを抑えた上で学習することができれば、
α´ が作られた目的まで関連して理解することに繋がっていくのです。

具体的には、実務の世界では

  • 消費税の自販機還付スキーム⇒課税事業者3年縛り+調整対象固定資産の改正
  • 相続税の武富士事件⇒納税義務者に関する改正
  • 一般社団法人を利用した相続税節税スキーム⇒同族割合による規制の強化

こんなようなイタチごっこが繰り返されているのです。

特例ばかりでやたらややこしい制度というのは、
過去に流行った節税スキームを税制改正で防止してきた歴史の系譜であることが多いです。

そのような歴史をストーリー化して抑えることで、

さらに詳しく

従来の税制ではどんな問題があって、
その問題を埋めるためにどのような改正がなされたのか

という一連の流れをまとめて理解することに役立つのです。

節税スキームと税制改正は、実務の最前線を映す鏡である

先ほど申し上げた通り、毎年行われる税制改正では、
節税スキームを防ぐための改正が頻繁に行われています。

例えば上述した消費税の還付スキームについては、
金地金還付スキームなど手口を変化させながら
まさに国との間でイタチごっこが行われているような状況です。

したがって税務に関する実務の最前線を知るためには、
このような 節税スキームと税制改正に着目することが大きな近道になると思います。

税制改正に登場するということは国が注目していることは勿論、
納税者の多くに影響を及ぼす論点であるとも言えるでしょう。

したがって税制改正の内容を知ることで、

現在の実務ではどのようなことに焦点が当たっているのか

を感じ取ることができるのです。

勉強と実務のつながりがイメージできない人は、
節税スキームと税制改正の内容に注目してみてはいかがでしょうか?

最後に

今回は、節税スキームと税制改正に注目することで
実務の現場が見えてくるというお話をさせて頂きました。

なかなか実務に携わっていない状況では、
勉強していることの実用性がイメージしにくいものだと思います。

そのような時にはリアルタイムで取り上げられている
これらの情報をぜひ参考にしてみてください。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

わたしのお話 勉強術

2021/1/14

仕事や勉強に対して、どこまでストイックに取り組むべきか

先日インターネットの記事で、東大王に出演されている鈴木光さんの記事がありました。 朝日新聞デジタル『スマホにさよなら、受験に集中 「東大王」鈴木光さん』 記事では鈴木光さんが東大受験の際にスマートフォンを解約してまで勉強に専念するなど、非常にストイックな一面が伺えます。 最難関大学に挑戦するにはそれくらいの決意がないといけないのかもしれませんが、私自身はそこまで自分を追い込んで勉強はできなかったなあと感じます。 今回は仕事や勉強に対し、自分自身をどこまで追い込むべきかについて考えてみます。

ReadMore

わたしのお話 雑談のようなお話

2021/1/14

繁忙期に入って、デジタルデトックスの必要性を実感した話

突然ですが、デジタルデトックスという言葉はご存知でしょうか? デジタルデトックスとは、IT機器に囲まれた現代社会において、スマートフォンやパソコンから距離を置いて生活することで、ストレスや疲労から自分自身を解放するための取組みをいいます。 最近ではデジタルデトックスの一環として、キャンプにハマる人も多いようですね。 私自身は以前からデジタルデトックスという言葉は知っていたのですが、最近は色々な意味でその必要性を感じ始めています。

ReadMore

独立開業、副業のイロハ 税理士のお仕事

2021/1/12

【MF、freee】クラウド会計の価値を最大限に引き出すなら、「クラウド仕様の経営」にシフトすべき

以前のブログでは、 クラウド会計と従来のパッケージ型の会計ソフトのどちらが好ましいのかについて、両者の違いを比較しながら考えてみました。 おそらく年齢の若い経営者ほど、クラウドサービスへの関心も高い傾向にあるのではないかと思いますが、 「マネーフォワード」や「freee」のようなクラウド会計の価値を最大限に引き出すためには、自分からクラウド会計向きの経営スタイルに歩み寄ることも必要だと思います。 今回は「クラウド会計を効果的に利用するための方法」ついてお話ししたいと思います。

ReadMore

事務所運営 独立開業、副業のイロハ 税理士のお仕事

2021/1/11

わたしが「開業直後に人を雇わなくて正解だった」と感じる3つの理由

現在、私は誰も雇うことなく”ひとり税理士”として活動しています。 「開業直後なら当たり前では?」と思われるかもしれませんが、士業では開業して間もない段階でパートさんを雇うケースも少なくありません。 税理士や他の士業に限らないことだとは思いますが、業務を行う上での雑務も多く、かつ会計データの入力や決算、確定申告手続きを職員にお願いすることも珍しくないのです。 しかし私自身は開業当初から雇用しなかったことは正解だったと実感しています。 今回は開業直後に第三者を雇用しないことによるメリットを考えてみました。

ReadMore

事務所運営 ブログ論

2021/1/9

ムック本第2弾の監修が完了。しかしホッと一息も束の間、すぐに第3弾が…。

以前のブログでは、私が監修したムック本の出版をご報告しました。 そしてこのたび第2弾のムック本監修が無事終わりました。 今回のムック本は、40代以降の方に向けた年金制度や相続対策に焦点を当てた内容となっています。 現時点ではまだ発売はされていませんが、せっかくなので今回は監修作業について振り返ってみたいと思います。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
服部 大

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれの税理士兼中小企業診断士です。 争いごとが苦手な、のんびり平和主義者です。 税務や補助金に関するトピックはもちろんのこと、ひとり税理士としての事務所経営の試行錯誤についても赤裸々に語っていきます!

-勉強術
-, ,

Copyright© せんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.