てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

事務所運営

【ひとり税理士のつぶやき】成約に至らない場合に見直すべき2つのポイント

人を相手にするお仕事では避けては通れないもの。

それは 何らかの理由によって仕事が成約に至らないという経験だと思います。

私は独立開業してまだ7ヵ月程度ですが、頂いたご相談が最終的に業務へと結びつかず、
いわゆる”破談”となってしまう経験もすでに何度かありました。

私自身、まだまだ独立して日も浅いこともあって、

仕事が思うようにいけば ヨッシャー!という気分になり、

思うようにいかなければ ガックリと落ち込むこともあったのですが、

ココがポイント

単純に一喜一憂するだけでなく、
成約に至らないときこそ見直しをしていく必要があると感じています。

「相手が望むもの」と「こちらが提供できるもの」が違えば成約しなくて当然

ビジネスである以上は、お問い合わせを頂いた方には
私に依頼すべきかどうか検討する上で様々な条件があるはずです。

  • 金額(予算オーバーではないか)
  • 納期(望む期日までに仕上がるか)
  • 経験(その業務の経験は充分か)
  • 年齢(若い方が良い、年配の方が良い、など)
  • 地理的条件(遠方すぎないか)
  • そもそも仕事をこなすスキルがあるか

といったように様々な要素が考えられますが、
当然このような要素やその優先順位も人それぞれであり、

とにかく安く!

ということもあれば、

コミュニケーションの円滑さを重視される場合もあるでしょう。

ココに注意

したがって相手の優先順位の高い条件と、
私の提供できるものに齟齬が生じてしまえば業務は成約には至ることはありません。

反対に「私が望むもの」と不一致の場合にも成約には至らず

その一方で私自身にも仕事をお受けする上での条件はあります。

相手の要件でもある金額や納期については勿論重要な条件ですが、その他にも

一緒にお仕事をさせて頂く上で、
お互い気持ちよくコミュニケーションを取れそうか

といった部分も大切にしているつもりです。

特に顧問契約など長期間ご一緒させて頂くお仕事もあることから、
お互いにストレスの溜まる関係では長続きしないと思っているからです。

当たり前ではありますが、

  • 依頼する側はこの人にお願いするべきかどうか
  • 請け負う側はこの仕事を受けるべきか

このような判断をお互いに迫られているわけです。

この双方が納得できて初めて仕事は成約へと繋がっていくのです。

したがって私が断られるケースは勿論ですが、
場合によってはきちんと断らなければいけない場面も必ず出てくることでしょう。

このように『仕事を受けられた or 受けられなかった』という事実が重要である一方、

受けられない場合のリアクションも大切だと感じています。

成約に至らない場合に取るべきリアクションとは?

お伝えした通り、ビジネス上では依頼者と請負人のどちらかが
納得できなければ商談は成立しませんが、

お断りした場合も、反対に断られた場合も

ああ、残念だったなあ

で済ませていては勿体ないと思います。

そのようなときにこそ取るべきリアクションがあるはずです。

一度提示した条件を変更してでも仕事を取りに行くかどうか

これはどの業界でも言えることですが、

ココがポイント

自分から提示した条件に相手方が難色を示された場合、
条件を変更してでも請け負うべきかどうかという難題があります。

最もわかりやすいのが『値段』ですよね。

ちょっと高いな…。

という反応を相手から示された場合に、

値下げをしてまで受けるべきなのかどうかという判断はとても難しいものです。

特に私の場合には開業して間もないこともあり、
『値下げをしてでもやろうと思えばやれてしまう』ことは往々にしてあります。

そのような場合に

はてな

何としてでも受けるべきなのか、
それとも無理に値下げをせずにご縁がなかったと考えるべきなのか

とても判断に迷うところです。

現状では、料金については以下のような私なりの判断基準を持っています。

  • 無条件の値下げは行わない(後々苦しくなるので)
  • 納期や打合せ頻度などの諸条件の変更を伴う場合には値下げ対応OK

特に顧問契約は長期にわたっての業務となりうるため、
無条件に値下げをすれば後々自分の首が絞まっていくことが確実であることから、
むやみやたらな料金変更は行わないように心掛けています。

ホームページの記載内容を変更すべきかどうか

依頼者のニーズとこちらの提供できるサービス内容に齟齬がある場合、

ココがポイント

ホームページの記載内容を変更することも考えなければなりません。

そもそもホームページをご覧頂いていない場合は仕方がないでしょうが、

ホームページをご覧頂いていて掲載もしている内容について誤解があれば、
表現が不適切であるということも考えられるからです。

場合によってはお受けすることができない業務内容についても、
しっかりとホームページに記載した方がお互いのためなのかもしれませんよね。

依頼者と請け負う側の情報の食い違いを、
事前にできるだけ減らせるよう工夫することが大事なのだと思います。

業務をお断りする、またはお断りされるという経験を通じて、
こちらから発信している情報をブラッシュアップしていく機会に変えていきたいところです。

最後に

今回は仕事が成約に至らなかった場合に取るべき対応についてお話ししました。

すべての仕事を受注して上手に回していくことが理想ではありますが、

  • 依頼する側のニーズや譲れない条件
  • 受ける側のキャパシティやスキル

このような双方の不一致によっては受注したくてもできない場面は必ず出てきます。

そんなときにただ「残念だったな」と感じるのではなく、

注意ポイント

  • 条件変更してお受けするべきなのか
  • ホームページの記載が不適切だったのではないか

そんなことをしっかりと考えていけるようにしていきたいものです。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

事務所運営

2020/9/15

【ひとり税理士のつぶやき】開業直後から多忙にすべきでない最大の理由

脱サラしたからにはガンガン稼がなきゃ!! 特に独立開業直後はモチベーションMAXの状態であるため、とにかく売上に繋がることをやろうと一生懸命になります。 それ自体はとても大切なことであり、収入無くしては生計を維持することもできないため当然のことですよね。 しかし売上を稼ぐことに意識が集中し、集客や売上に直結することばかりに気が向いてしまうことはあまり良くないなと実感したことがありました。 ココがダメ それは業務を最後まで遂行するためのインフラが充分に整っていなかったためです。 今回は個人事業主として自分の ...

ReadMore

税金のお話

2020/9/13

【税務調査のギモン】調査官は”高圧的”で”怖い”人たちなの?

いざ自分の会社に税務調査が入るとなると、余分に税金を取られると思い、誰もがイヤな気分になるでしょう。 税務調査自体への負の感情によって、普段馴染みのない税務調査官への印象も、 まるで取調官や尋問者のごとく、「高圧的」で「権力の象徴」のように感じている人も多いのではないでしょうか? しかし私がこれまで税理士として実際に税務調査でお会いしてきた調査官の印象は、 良い意味で「普通で常識のある」方々が大半でした。 今回は税務調査にあたる調査官の人物像や心情について、調査官の視点に立って考えていきたいと思います。

ReadMore

税金のお話

2020/9/13

領収書が無いときは『支払証明書』を作成して経費で落としましょう!

領収書をもらってくるのを忘れた…。 仕事をしているとついついうっかり…なんてことも珍しくありません。 あるいは自動販売機の飲み物や電車の切符を購入した際に領収書が発行されず、 仕事のための会議費や交通費なのに経費で落とせないの? と嘆いている方もいらっしゃるかもしれません。 ココがポイント しかし何らかの理由により領収書やレシートが無かったとしても、実は『支払証明書』というものを作成することで経費で落とすことが可能です。

ReadMore

事務所運営

2020/9/15

【ブログ運営】「効果を実感できること」が一番のモチベーション!

勉強 筋トレ ダイエット 取り組んでいるものが何であれ、 労力が必要なものであればあるほど、その効果が表れないことには継続するモチベーションを保つことは難しくなります。 毎日ランニングをしているのに、いつまでもわがままボディではダイエットもなかなか続かないですよね。 私のブログ運営も同様で、 7月にはブログ運営のネタ探しとの闘いや、毎日書き続ける意図・効果を見失いつつあったこともあり、ブログとの向き合い方を真剣に思い悩んだものです。 しかし最近になってブログ経由でお問い合わせを頂くこともあり、ブログの価値 ...

ReadMore

税金のお話

2020/9/14

【気になる噂を徹底検証】税務調査官に”お土産”を持たせることは有効?

税務調査が早く終わってほしいから、調査官に”お土産”を持たせてさっさと帰ってもらおう そんな風に考えている経営者の方も少なくないと思います。 ここでいう”お土産”とは本当の手土産のことではなく、 税務上の誤りをあえて発見させて追徴税額を取らせることで、調査官を満足させて帰らせるためのものを言います。 昔からあるこのような”お土産”話は私としては無意味どころかむしろ逆効果だと思っています。 今回はその理由を解説していきたいと思います。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
服部 大

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれの税理士です。趣味は映画鑑賞(洋画中心)、海外ドラマ、海外サッカー(アーセナルが好きです)、ゲーム(PS4)、テニス etc...ペットはカエルとヤモリを飼っています。独立の裏側を赤裸々に語っていきます!

-事務所運営
-, , ,

Copyright© せんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.