てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

税金のお話

【法人向け】後悔しない『決算月』の決め方は?

会社は3月決算にしなければならない

そんな誤解をお持ちの方も少なくありません。

個人であれば1~12月という”暦年”に基づいて
所得税や住民税が計算されることが強制されますが、

法人の場合には何月決算にするのかは完全に任意となります。

したがって多くの大企業のように3月にする必要はなく、
自分の好きな月を決算月として選ぶことができるのです。

実務上は

  • 何となくキリが良い(?)3月や9月
  • 個人事業主の頃と同じように12月
  • 設立した月からちょうど1年後になる月
    (例:6月設立なら5月決算)

というようなふわっとした感覚で決めることが多いものです。

しかし 違う月を決算月にしとけば良かったと後悔することがあるのも事実。

決算月を変更することは勿論可能ですが、わざわざ変更するのも手間がかかってしまいます。

それでは将来後悔しないように、一体どんな基準で決算月を選ぶべきなのでしょうか?

大企業の半分以上が3月決算!決算月の分布やいかに?

まずは現在の日本の決算月の分布がどのようになっているのか
実際のデータで確認してみましょう。

以下のグラフは平成25年のデータに基づくものであるため、
少し古いものではありますが、

決算月の分布自体がここ数年で大きく変化しているとは考えにくいため、
現在でも概ね同様のものとなっていることでしょう。

国税庁統計年報より

円グラフをご覧の通り、

資本金1億円以上の大法人では3月決算が過半数を超えています。

また全法人で見ても、
3月→9月→12月→6月と、3の倍数の月が選ばれやすいという傾向が見て取れますね。

昔から3月決算が多い理由としては、

国の行政機関が4~3月というスパンで動いているため、
規模の大きい会社はそれに合わせる方が都合が良いという理由からです。

一方で世界基準としては12月決算が主流であるため、
グローバル企業は海外に合わせて12月決算とするケースも増えてきています。

決算月を決めるためのポイント

ではここからは

具体的にどのような基準で決算月を決めていくべきなのか

についてお話ししていきたいと思います。

閑散期を選ぶべし

決算月にはどうしてもやらなければならないことが増えてしまいます。

  • 在庫の集計
  • 締め後の売上や仕入の拾い出し
  • 未払計上する販管費などの集計

当期末で計上するものと翌期に回して良いものの分類には
特に神経を使わなければいけません。

そして上記のような項目については、

ココがポイント

繁忙期になればなるほど在庫量や取引量が大きくなり、
期末の集計作業が大変になる傾向があります。

例えば在庫を例にした場合、

繁忙期には自社で保有する在庫量も当然多くなってしまいますので、
そのときに期末を迎えてしまうと在庫商品が増え、
集計や手元在庫の確認作業は大変なものとなってしまうのです。

こうした事務負担という側面を考えると、

ポイント

決算月を決める際には、
在庫量や取引量の少ない”閑散期”に設定することが望ましいと言えるでしょう。

繁忙期と閑散期が毎年変動する場合には難しいですが、

季節変動性の高い業界であれば、

閑散期に合わせて決算月を設定することをお勧めいたします。

消費税の免税期間が長くなるように設定すべし

法人設立後2年間は、消費税は免税事業者となる

そんな風にご理解頂いている事業者は多いと思います。

しかしこの表現にはひとつ誤りがあります。

それは免税期間は「2年」ではなく「2期」である

ということです。

つまり設立1期目が1ヵ月しかない場合には、
免税期間は1ヵ月+12ヵ月=13ヵ月となるのに対し、

設立1期目が12ヵ月あれば、
12ヵ月+12ヵ月=24ヵ月が免税期間となるのです。

ココがポイント

したがって、一般的には設立した月から期末までが12ヵ月となるように
決算月を決定することが望ましいと言えるでしょう。

なお消費税の課税事業者の判定は現行の税制では複雑化しており、
個々のケースごとに様々な条件を勘案して有利不利の判断を行う必要がありますので、

消費税の免税期間を考慮して決算月を決めるような場合には、
税理士などの専門家にご相談することをお勧めいたします。

キャッシュアウトが多い月は避けるべし

法人が決算を迎えた場合に待っているのは 納税です。

注意ポイント

通常は決算日から数えて2ヵ月後までに
決算による法人税や消費税を納税する必要があります。

具体的には3月決算法人であれば、納税は5月ということになります。

このような決算後の納税時期には、
まとまったキャッシュが必要となるケースが多くなります。

したがって「納税時期」と「他の支出のタイミング」が重なることで
会社のキャッシュフローが悪化することが懸念されます。

決算月の2ヵ月後にやってくる納税時期が、
会社の資金繰りから考えて望ましいタイミングなのか

という点については、忘れずに考えるようにしましょう。

ひとつの考え方としては、

繁忙期の後の売掛金が入金される時期に納税時期を合わせる方法

もありだと思います。

反対に繁忙期前の仕入資金が必要な時期や、
賞与や固定資産税、労働保険料などの多額のキャッシュアウトが見込まれる時期とは
重複しないように工夫しておいた方が良いかもしれません。

税理士の繁忙期を避けるという考え方も…。

自社の都合だけではなく、

場合によっては 税理士の閑散期を狙うという考え方もありだと思います。

税理士事務所では3月決算や確定申告時期などと重なってしまうと、

どうしても期限ギリギリの処理となってしまったり、
1社1社にかけられる時間が少なくなってしまいがちです。

したがって専門家からのパフォーマンスを最大限引き出すという意味では、
税理士の繁忙期を避けるに越したことはないでしょう。

通常、税理士事務所では

ココがポイント

3月決算法人の申告手続きを行う5月や、
年末調整や確定申告手続きを行う12~3月頃が繁忙期となります。

したがって夏から秋にかけては割と閑散期であることが多いため、
決算月もそのような時期にすると良いかもしれません。

(何よりも税理士からはとても喜ばれることでしょう。笑)

また人気の税理士に依頼したい場合にも、

3月決算の法人よりも、税理士が閑散期である決算月の会社の方が
受けてもらえる可能性は大きいと思います。

そういった意味では、

4~9月決算あたりが狙い目ではないかと思います。

最後に

今回は法人の決算月の決め方についてお話ししました。

設立時にはよくわからずに
何となくで決めてしまうケースも多いことかと思います。

しかし多くの会社が長く付き合っていくこととなるものであるため、
ぜひ慎重に、ご自身の会社に合った決算月を探して頂ければと思います。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

事務所運営

2020/11/24

独立前後で感じるお客様の心情の変化

独立開業することによって、私自身は色々な意味で変化をしているはずです。 考え方や仕事への向き合い方、仕事内容そのものも変わっていますし、その多くは意図的に変えているものでもあります。 このように独立によって私自身に変化が表れることは当然かもしれませんが、 お会いするお客様からの私に対する反応や向き合い方にも違いがあるように感じます。 今回は独立したことによって、お会いする方々から感じる変化についてお話ししていきます。 目次1 税理士は、孤独な経営者の良き相談相手となりうる仕事2 同じ経営者としての仲間意識 ...

ReadMore

ブログ論

2020/11/24

ブログを毎日続けるコツは、張り切りすぎないこと

ブログ運営を始めて約10ヵ月が経ちました。 平日毎日更新を続けて、記事数は約230記事となりましたが、ネタに困ったり、時間的に書くのが難しくなったりと紆余曲折があって今に至ります。 独立して色々な方とお話しをする中で、 「ブログを毎日コツコツ書いているなんて根気がすごいですね!」 と言って頂くことがありますが、 ブログを長く続けていくコツは、『無理をしないこと』だと思います。

ReadMore

わたしのお話

2020/11/17

「独立太り」の第2波を食い止めるべく、ヨガマットを購入しました!

「コロナ太り」ならぬ「独立太り」に抗うため、ヨガマットを購入してみました。 別記事でもお話ししたように、現在は毎日ランニング兼ウォーキングをしているのですが、室内でも運動を始めてみようと決意したためです。 今回は「独立太り」との壮大な闘いについてお話ししたいと思います。

ReadMore

わたしのお話

2020/11/24

”浅すぎず深すぎず”な人間関係が心地いい

私は子供の頃から団体行動があまり得意ではなく、 2~3人なら楽しく話ができても、まとまった人数が集まると自分が話すタイミングがわからずに大人しくなるタイプでした。笑 特に社交的に振舞うことに疲れてしまうことが多く、本当に仲の良い友人とはどれだけでも一緒に居られる一方で、打ち解けられていない人とはどうしても距離を置きがちと言えます。 税理士には私のようなタイプは比較的多いのではないかと思っていますが、中小企業診断士は真逆の「社交性の塊」のような人が多くて驚かされました。 一定の距離感が心地よく感じる私のよう ...

ReadMore

事務所運営

2020/11/24

「新規顧客の獲得」よりも「既存顧客の満足」を重視する事務所でありたい

新しい方と新しいお仕事をする機会を頂けるのはとても嬉しいですし、やりがいを感じる瞬間でもあります。 それが自分の思い描いていた顧客獲得ルートであれば尚更ですよね。 新規顧客獲得は売上拡大に取り組んでいく中で欠かせない大切な要素ですが、私としては既存顧客はそれ以上に大事にしたい存在だと考えています。 今回は既存顧客から評価されるありがたみについてお話ししていきます。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
服部 大

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれの税理士兼中小企業診断士です。 争いごとが苦手な、のんびり平和主義者です。 税務や補助金に関するトピックはもちろんのこと、ひとり税理士としての事務所経営の試行錯誤についても赤裸々に語っていきます!

-税金のお話
-, , ,

Copyright© せんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.