てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

事務所運営 独立開業、副業のイロハ

「開業したばかりなんだから、どんな仕事も謙虚に引き受けなきゃダメ」という意見に対する私の考え

開業したばかりで仕事がいっぱい

こんな嬉しい悲鳴を上げられるのはごく稀であり、
多くの場合はどのように仕事を増やしていくべきかを悩むことでしょう。

いざお声掛け頂いたとしても、
それが自分のやっていきたい仕事でなかったり、極端に単価が低い場合もあります。

そのような場合でも、
開業したばかりなんだから謙虚に引き受けることが正解なのでしょうか?

お仕事である以上、「謙虚さ」と「譲歩すること」は別物ではないか

そのような開業したばかりの人間にとって、
どこまで妥協して仕事を引き受けるべきかは悩ましいところだと思います。

せっかくお仕事のご依頼を頂けたとしても、
報酬があまりにも少なかったり、業務内容に無理があったりするケースもあるでしょう。

開業直後だからと言って「譲歩してでもゼッタイ受注すべき」とは思いませんし、
「譲歩すること=謙虚な姿勢」ではないと思っています。

『仕事である以上は自分の実力をフル稼働させ、
 それによってお客様にご満足頂いた上で適切な報酬を頂く』

開業直後であろうが経験豊かなベテランだろうが、
そのようなビジネスの構造自体は変わらないはずです。

もちろん、ビギナーとベテランではそもそもの料金設定が違うかもしれませんが、

  • ビギナーだから適正額より安い値段でも謙虚に引き受けなければならない
  • 贅沢言わずにやりたくない仕事でもやるべきだ

という結論にはならないのではないかと感じるのです。

引き受けた場合とそうでない場合を比較し、
引き受けるメリットの方が大きいと感じるなら受注する

しかしどんな状況でも譲歩せず、お断りすべきとも言い切れません。

はてな

引き受けた場合の所要時間や報酬と比べ、
引き受けなかった場合にはその時間でどんなことができるか

を考えるべきだと私は思っています。

つまり引き受けなかった場合には、
その時間を使ってどんなことができるのかを考えるべきでしょうし、

もしやることもなくのんびり過ごす時間が増えるだけであれば、
受注することを視野に入れても良いのかもしれませんよね。

したがって受けた場合と受けなかった場合のそれぞれにおいて、
得られるものと失うものを天秤にかけて考えることが正解だと思います。

やらなければならないことがたくさんあるのであれば、
無理にお受けせずに業務時間を確保することも合理的な選択でしょう。

ただ仮に引き受けないという結論に至った場合でも、
お声掛け頂いた相手先には誠実にお断りのご連絡をすることは必須です。

受注しようがしまいが、開業したばかりの自分に声を掛けてもらったことに
感謝を伝えることが然るべき謙虚さなのだと思います。

最後に

今回は「開業直後ならどんな仕事も受けるべき」という意見に対し、
私が感じることを書いてみました。

お仕事を頂く上で謙虚な心はいつまでも持ち続ける必要があると思いますが、
「謙虚」と「譲歩」は全く別物だということを認識する必要があると感じています。

私自身もまだまだ「ビギナー」ですが、
その辺りの違いを意識しながら精進していきたいと思います。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

雑談のようなお話

2021/4/6

【ゆとりの告白】いまだに「先生」と呼ばれると、背中がむずがゆくなってしまう

突然ですが、私は「先生」と呼ばれることに慣れていません。 顧問先からも「先生」と呼ばれることがあるのですが、何だかそう呼ばれるたびに気恥ずかしい気分になってしまうのです。 「先生」と呼ばれることにも慣れていかないといけないなーと思う反面、普通に「さん付け」で話してもらえる関係性の方が向いてるのかなとも思っています。 今回は税理士の呼び方について、雑談のようなテーマでお話をしたいと思います。

ReadMore

税理士のお仕事

2021/4/6

自分の知らなかった世界を理解するのは、やっぱり楽しいものだ

先日、お仕事で新たな経験をさせて頂く機会がありました。 なかなか経験のない仕事だと手探りの状態で大変だし、慣れ親しんだ業務に比べて精神的な疲れも溜まりやすいですが、その仕組みを理解できるととても楽しく感じます。 やっぱり時々は新しいことに挑戦することが大切なんだなと実感した瞬間でもありました。 そこで今回は、税理士として新しいことを覚える楽しさについてお話ししたいと思います。

ReadMore

ブログ論

2021/4/3

【ゆとりのブログ論】わたしが素敵なブロガー、YouTuberだと感じる方々の共通点

現代においては情報発信のツールも「ブログ」や「SNS」、「YouTube」など非常に多岐に渡っています。 最近では「Clubhouse」という”音声版SNS”と呼ばれるサービスも人気を集めていますね。 これらの情報発信ツールも、使用目的によって向き不向きがあるのでしょうか、公私問わず、私自身が魅力を感じる発信者にはひとつの特徴があることに気がつきました。 私自身もそのような情報発信者になりたいという想いも込めて、今回はその特徴について掘り下げてみたいと思います。

ReadMore

事務所運営

2021/4/2

【消費税 総額表示義務化】弊所ホームページの編集がギリギリ間に合いました!!

春のセンバツ高校野球の決勝戦は劇的な幕切れだったようですね! コロナ禍の影響で甲子園は1年ぶりの開催となりましたが、甲子園やプロ野球など、やはりスポーツを観ていると元気をもらえます。 そんな中、以前別記事でもご紹介したとおり、4月1日から消費税総額表示が義務化されました。 各業界で対応に追われたことかと思いますが、私自身も事務所のホームページ改定が何とかギリギリ間に合いました。

ReadMore

事務所運営

2021/3/29

【ゆとりの経営】開業当初から、”電話対応”を除外してよかったと感じる理由

私が独立開業して1年が過ぎましたが、当初から”電話対応”を原則行わないことを掲げてきました。 勤務時代は電話がひっきりなしに鳴る事務所だったため、『電話NG』の方針とすることは正直不安もありました。 しかし今となっては正しい判断だったと感じています。 今回は、私が原則として電話対応を行わない理由についてお話しします。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
服部 大

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれの税理士兼中小企業診断士です。 争いごとが苦手な、のんびり平和主義者です。 税務や補助金に関するトピックはもちろんのこと、ひとり税理士としての事務所経営の試行錯誤についても赤裸々に語っていきます!

-事務所運営, 独立開業、副業のイロハ
-, , , ,

Copyright© せんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.