てん(あなた)とてん(私)を結ぶ

せんブログ

税理士のお仕事

【クラウド会計】2020年現在の個人事業主への普及率は約2割!

ここ数年で急速に広がりを見せるクラウド会計。

単なる会計ソフトとしての役割にとどまらず、
現在では給与計算や請求システムとも連動をさせることで、

バックオフィスのトータルサポートを実現しつつあります。

クラウド会計の大手とも言えるマネーフォワードやfreeeについては、
家計簿アプリとしてのサービスも展開しているため、

事業者を営んでいる方だけでなく、
サラリーマンや主婦層でも馴染みのあるものとなっていますよね。

税理士の私の立場ではクラウド会計の広がりを肌感覚として実感できるのですが、

実際のところ、クラウド会計はどの程度普及しているのか?

という疑問について、
個人事業主に対して行われたアンケート調査の結果をお話ししていきたいと思います。

すべての会計ソフトのうち、2割超がクラウド会計に!

これからご紹介するデータは、
いずれも㈱MM総研という会社によって行われたアンケート調査に基づくものであり、

令和元年度の確定申告済みの 個人事業主20,980名に対して行われたものです。

さっそく以下の図表をご覧ください。

こちらは個人事業主が使用している会計ソフトに関するアンケート結果ですが、

会計ソフトを使用している33.9%のうち、
クラウド会計利用者は21.3%まで達していることがわかります。

ココがポイント

つまり会計ソフト利用者の2割超がクラウド会計を使用しているということです。

これを前年比で比較すると以下の図表2のようになります。

2019年度調査では18.5%であった比率が、ついに2020年で2割を上回ったことがわかります。

その結果、従来のインストール型の会計ソフトは7割を切っており、

ポイント

時代の流れとともに「インストール型」⇒「クラウド会計」へと
着実に移行していることがわかりますね。

ちなみにクラウド会計の占める割合の推移は以下の通りです。

2016年では1割にも待たなかったクラウド会計ですが、
それが 4年で2倍超まで急成長していることが明らかとなっています。

こうしてデータで見てみても、
クラウド会計の浸透は現実のものと言えるのでしょう。

みんなが使っているクラウド会計はどれ?

何となくクラウド会計が便利だと聞いたことはあるものの、

実際に自分が使う立場になったらどれを選べばいいのか


わからないものですよね。

2020年現在において、
どのクラウド会計が多くの方に利用されているのでしょうか?

それを表したものが以下の図表となります。

クラウド会計が普及する前から、
インストール型としても多くの事業者に使われていた弥生はさすがのシェアですね。

しかしマネーフォワードやfreeeで4割近くのシェアを確保しており、
「その他」の後発組のクラウド会計についても侮ることはできない状況でしょう。

マネーフォワードとfreeeを比較すると、

この1年においてはfreeeがマネーフォワードを逆転する結果となっています。

ちなみに直近5年間でのクラウド会計のシェアは以下の通りです。

マネーフォワードとfreeeの間には僅差の戦いが続いていることがわかります。

この先もこの2社を中心とした激しい覇権争いによって、
シェアが目まぐるしく推移することになるのではないでしょうか。

税理士としても会計ソフトのシェアが分散することで、
対応しなければならないシステムも増えるため、なかなか大変な時代と言えそうですね。

クラウド会計の課題=無党派層をいかに取り込むか

ここまでクラウド会計の普及を示すデータを見てきましたが、
クラウド会計の課題が存在することも事実です。

ここが重要

それは会計ソフト自体を使用していない個人事業主が
過半数を占めているという現状の打開にあるのではないでしょうか?

冒頭の図表では、
「会計ソフトを利用していない層」が57.1%も存在していました。

「会計ソフトを利用している層」の中では2割超のシェアを誇るクラウド会計ですが、

「会計ソフトを利用していない層」を含めた個人事業主全体におけるシェアとしては、

1,518名/20,980名≒7.2%

わずか7%程度に留まっているのです。

この「会計ソフトを利用していない層」の多くは、
おそらくエクセルなどの表計算ソフトを活用して確定申告をしているのでしょう。

既存のインストール型の会計ソフトから移行する事業者を増やすことも
勿論重要なのでしょうが、

ココがポイント

これらのいわゆる『無党派層』をいかに取り込んでいくか、
それこそがシェア拡大の重要な課題となっていくのだと思います。

最後に

今回はクラウド会計に関する最新のアンケート結果をもとに、
クラウド会計の現状分析を行いました。

まだまだ主流となっていくには道半ばといった状況ですが、

着実にシェアを拡大しつつあることが伺えます。

税理士としてもこのような時代の波に乗り遅れることがないよう、
情報収集はしっかりと行っていきたいものです。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
他の記事もお読み頂けたら嬉しいです。

ブログ論

2021/5/13

【ご報告】ブログを不定期更新へ変更することにしました!!

ご無沙汰しております。 前回のブログ更新から1ヶ月以上が経過してしまいました。 完全な事後報告となりますが、当ブログを「不定期更新」に変更することにしました。 今回はその経緯についてお話ししたいと思います。

ReadMore

雑談のようなお話

2021/4/6

【ゆとりの告白】いまだに「先生」と呼ばれると、背中がむずがゆくなってしまう

突然ですが、私は「先生」と呼ばれることに慣れていません。 顧問先からも「先生」と呼ばれることがあるのですが、何だかそう呼ばれるたびに気恥ずかしい気分になってしまうのです。 「先生」と呼ばれることにも慣れていかないといけないなーと思う反面、普通に「さん付け」で話してもらえる関係性の方が向いてるのかなとも思っています。 今回は税理士の呼び方について、雑談のようなテーマでお話をしたいと思います。

ReadMore

税理士のお仕事

2021/4/6

自分の知らなかった世界を理解するのは、やっぱり楽しいものだ

先日、お仕事で新たな経験をさせて頂く機会がありました。 なかなか経験のない仕事だと手探りの状態で大変だし、慣れ親しんだ業務に比べて精神的な疲れも溜まりやすいですが、その仕組みを理解できるととても楽しく感じます。 やっぱり時々は新しいことに挑戦することが大切なんだなと実感した瞬間でもありました。 そこで今回は、税理士として新しいことを覚える楽しさについてお話ししたいと思います。

ReadMore

ブログ論

2021/4/3

【ゆとりのブログ論】わたしが素敵なブロガー、YouTuberだと感じる方々の共通点

現代においては情報発信のツールも「ブログ」や「SNS」、「YouTube」など非常に多岐に渡っています。 最近では「Clubhouse」という”音声版SNS”と呼ばれるサービスも人気を集めていますね。 これらの情報発信ツールも、使用目的によって向き不向きがあるのでしょうか、公私問わず、私自身が魅力を感じる発信者にはひとつの特徴があることに気がつきました。 私自身もそのような情報発信者になりたいという想いも込めて、今回はその特徴について掘り下げてみたいと思います。

ReadMore

事務所運営

2021/4/2

【消費税 総額表示義務化】弊所ホームページの編集がギリギリ間に合いました!!

春のセンバツ高校野球の決勝戦は劇的な幕切れだったようですね! コロナ禍の影響で甲子園は1年ぶりの開催となりましたが、甲子園やプロ野球など、やはりスポーツを観ていると元気をもらえます。 そんな中、以前別記事でもご紹介したとおり、4月1日から消費税総額表示が義務化されました。 各業界で対応に追われたことかと思いますが、私自身も事務所のホームページ改定が何とかギリギリ間に合いました。

ReadMore

あなたの1クリックが私のモチベーション
 ↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

服部 大

2020年2月に名古屋で独立開業したギリギリ平成生まれのゆとり税理士/中小企業診断士です。 こちらのブログでは、私自身の事務所経営や日々の生活で感じたことを自由気ままに綴っていきます。

-税理士のお仕事
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© せんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.